我が家では、床の間に富士山の写真を飾っている。

 「爽快」と言う雑誌の2007年1月号に富士山の写真を飾ると仕事運、結婚運が急上昇すると密かなブームになっていると書いてありました。見ているだけで精神的な安らぎが得られたり、前向きな気持ちになったりすると、話題になっているそうです。良縁に恵まれて幸せな結婚ができたとか、仕事運が向上してマイホームを手に入れたと言う人もいるみたいです。

 代替医療に詳しい、八街こどもクリニック院長の向後利昭先生によると、富士山の写真を見るだけで、なぜこのような影響を受けることが出来るかは、「風水は古来中国に伝わる一種の環境学で、風水建築医学ともいわれ、病気の治癒にも使われてきました。風水で大切なのは、置物やその配置、色などによる住環境の気(一種の生命エネルギー)の調整です。日本人の場合、そういった物の一つに富士山があります。

 事実、富士山の写真を見て『きれいだな』と感じている人の脳を調べると、前頭葉(脳の前部)の一部が活性化しています。同時に、富士山を眺めると、その人が持つ気の流れもよくなります。気の流れがよくなれば、体調が良くなったり、落ち込んでいた気持ちが晴れたりするのです。富士は不二であり、不死につながります。」

 我が家も、この雑誌の記事を見て、床の間に私が撮って来た富士山の写真を引き伸ばして額に入れて飾っています。下の写真がそれです。写真をクリックすると、大きくなります。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック